事業承継に強い!会社のしくみづくりを専門とする会計士・税理士・診断士・社労士の事務所です

経営管理体制整備

  • HOME »
  • 経営管理体制整備
Pocket

「資金繰りが苦しい」「赤字体質だが、なんとかしたい」

これらは中小企業にとって最も一般的であり、かつ最も切実なお悩みです。

「増益を継続し、資金繰りに困らない」会社のしくみをつくるご支援をいたします。

具体的には、経営計画策定→月次決算→差異分析→対策立案という、一連のPDCA(Plan-Do-Check- Action)サイクルを回すことができる経営管理体制の構築、運用をご支援いたします。

「PDCAとは何か」については、こちらを参照下さい。

「なぜ、PDCAで会社の業績と資金繰りが改善するのか」については、こちらを参照下さい

具体的なパッケージサービス(資金調達強化6か月パック)については、こちらをご参照下さい。

なぜ、このサービスを作ったのか?

私は以前、監査法人、大手家電メーカーを経て、ベンチャー企業の経営管理部に勤務していました。
このとき、売上高8億円程度の小規模企業をM&Aにより買収。その際に買収後の事業統合(PMI)を担当しました。
それまでの私は、監査法人での会計監査や大手上場企業での経営管理の経験から、PDCAに基づく経営管理体制が当たり前だと思っていました。
しかし、買収先は監査など受けたことはなく、「経営計画もない、月次決算も締めることができない、1か月先の資金繰りもわからなければ、従業員はエクセルも使えない」会社でした。
中小零細企業には上場企業のような立派な経営管理体制などない、という当り前の現実を思い知り途方に暮れました。
上場のためには子会社の管理体制も上場企業レベルにしなければなりません。経営管理体制の整備は、泥臭く、かなりの労力を要しました。
とはいえ、PDCAサイクルを回していくにつれ、経営が徐々に安定し収益も増加基調となる過程を経験し、経営管理の威力を改めて思い知ったのです。

上場企業の倒産はニュースになりますが、中小企業の倒産はニュースにもなりません。ありふれ過ぎているからです。
もちろん、上場企業の方が大規模で社会的信用力も高く、安定していることは事実です。
それに加えて、実は上場企業はPDCAサイクルにもとづく経営管理体制を構築しているのです。
投資家のために「倒産しにくい」会社の仕組みをつくることを、上場時に義務付けられているのです。

経営管理体制の構築は経営に絶大な効果をもたらし、経営基盤は格段に強化されます。
しかし、効果が出るまでに時間と手間がかかります。特に中小企業においては構築する能力を持つ人材はほとんどいません。その必要性を認識している経営者も多くありません。認識している経営者であっても、目の前の「資金繰り・売上・人材育成」に追われ経営管理にまで手が回りません。上場やM&Aなどに際して、義務で「仕方なく」構築されることが多いのが現実です。
「うちのような吹けば飛ぶような会社に、経営管理なんて無用の長物」とお思いかもしれません。しかし、「吹けば飛ぶような」会社だからこそ、「飛ばないように」経営管理体制を整備し経営基盤を強化する必要があるのです。

経験がない御社にとってハードルが高いことは当然です。
御社の挑戦を、暖かくも厳しく親身に支援させていただきます。

具体的な成果物

  1. 財務分析
  2. 経営計画
  3. 月次決算
  4. 予算実績差異分析
  5. 資金繰り表
  6. 銀行との交渉術
  7. 補助金・助成金獲得術

PDCAサイクルに必要なこれらの経営管理のしくみや作成資料、ノウハウをまとめてご提供いたします。

当事務所の経営管理体制整備支援が選ばれる3つの理由

①実務経験豊富な専門家

管理体制のない小規模企業から、管理が肥大化・形式化した大企業、上場を目指すベンチャー企業まで、様々な会社内部において当事者として経営管理体制を整備してきた経験と実績があります。貴社にとって、効果的かつ効率的で最適な管理体制を構築いたします。
また、大手事務所にコンサルティングを依頼した場合、経験の浅い若手スタッフばかりが会社に来て責任者の顔もわからない、という状況になりがちです。当事務所は代表貝井の個人事務所ですので、徹頭徹尾、私が責任をもって御社に寄り添います。

②ワンストップでの総合的な支援

「月次決算」は会計士・税理士、「経営計画」は中小企業診断士、「資金繰り」は財務コンサルタント、それぞれの専門家はPDCAの一部しかカバーしていないのが通常です。当事務所代表は、会計士かつ中小企業診断士かつ証券アナリストであり、一気通貫での支援が可能です。
また、システム監査技術者や社会保険労務士として、経営管理体制整備に不可欠なITの導入や人事問題もカバーしております。
これにより、それぞれの専門家とばらばらにコミュニケーションをとる手間が省け、全体最適な管理体制を構築することができます。

③経営者の「思い」や「経営理念」を重視

会社は「管理」や「数字」のために存在するのではありません。あくまでも、経営者や従業員の「思い」を実現させるために存在するものです。「管理」はそれを実現させるための手段にしかすぎません。「経営計画」は、社長の「思い」を数字に落とし込んだものにしか過ぎません。

料金

・1か月あたり30万円
※ 月15時間を超える時間数が必要な場合には、別途1時間当たり2万円

・標準的な期間

PDCAサイクル構築支援  6か月

PDCAサイクル運用支援  6か月

※ あくまで標準的な期間です。会社の規模や協力の程度によって、期間は変動いたします。

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 03-6256-8813 平日 9:30 - 17:30

PAGETOP
Copyright © 貝井経営会計事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.