Pocket

ゴールは資格を「取る」ことではなく、資格を「活かす」こと。まずは、資格取得後の「ホントのところ」を理解して、受験する資格を選ぼう!

「資格とかけまして、足の裏の米粒と解きます。その心は、とっても食えないが、とらないと気持ち悪い」

終身雇用も崩壊し、リストラやM&Aも珍しくない不安定なこの時代。多くの学生やビジネスパーソンが将来のためにと資格取得に勤しんでいます。

長く苦しい受験生活の末に合格はしたものの、「こんなはずじゃなかった」と落胆し、資格を活かすことなく、タンスの奥にしまっている。そんな合格者を数多く見てきました。
私自身も公認会計士に合格して、はじめて監査業務に就いたときに「会計士って、こんな仕事なのか」と落胆したのは事実です。

しかし、資格を取得して、仕事、ひいては人生を豊かにしている人も数多くいます。
私自身も資格がなければ、現在のような充実した人生を送れていないでしょう。

多くの資格受験生は、書籍や資格予備校が提供する「カッコイイ姿」を鵜呑みにして、受験勉強を始めます。しかし、「ホントのトコロ」はなかなか教えてくれません。

まずは、様々な資格の「ホントのトコロ」を理解するところから始めましょう。合格後の自分の姿をイメージして、自分に適した資格を見つけて受験しましょう。

そのために、日本で唯一、ビジネス系資格を総ナメにした資格マニアの公認会計士が、様々な資格を一気通貫で比較しながら、実体験をもとに「ホントのトコロ」をご説明します!

この講座でとりたい資格が決まったら、別講座(資格マニア会計士のよる人生を豊かにする資格のとり方【試験勉強】編)で勉強方法を学んで合格を勝ち取って下さい!

<こんなことを学びます>
ビジネス系資格(公認会計士、税理士、簿記検定、USCPA、中小企業診断士、社会保険労務士、証券アナリスト、情報処理技術者、ファイナンシャルプランナーなど)の合格後の「ホントのトコロ」
例1:公認会計士と税理士ってどう違うの?
例2:中小企業診断士は「独占業務」がない?
例3:社会保険労務士は実は、「人事のプロ」ではない?

法律系資格(弁護士、司法書士、行政書士など)については、少しだけ扱います(私は資格を保有していません)

<こんなことが出来るようになります>
ビジネス系資格の「ホントのトコロ」を理解して、自分に適した資格を選択できるようになります。
「合格後のリアルな姿」を描くことで、試験勉強のモチベーションも上がります。
資格試験合格後も、資格を活かして人生を豊かにできます。

<こんな風に教えます>
レクチャーとディスカッションを併用します。
レクチャーもみなさんの興味を確認しながら、双方向で進めます。
他の参加者と意見交換することで、「気づき」を得られることでしょう。

<定員>
基本 12名
(要望と開催スペースに応じて変わります)

当日の流れとタイムスケジュール
<所要時間>
2時間程度

<当日のレッスンの流れ>
参加者自己紹介(興味ある資格の確認)
講師自己紹介
資格のホントのトコロ(公認会計士、税理士、簿記検定、USCPA、中小企業診断士、社会保険労務士、証券アナリスト、情報処理技術者、ファイナンシャルプランナーなど)
参加者ディスカッション(どの資格に興味があるか、受験したいか)
こんな方を対象としています
「資格」に興味のあるすべての人
受講する際は以下をお読み下さい
講師は資格を取得しているとはいえ、実務家です。最新の試験制度や試験問題の情報をご提供することは、このレッスンの目的ではありません。試験制度については各自でご確認ください。

日時
2017.10.28(土) 1000~1200(0945受付開始)
会場
パズル一番町
住所
東京都千代田区一番町10-8
定員
12席 / 残り: 12席
価格
4800