Pocket

ザスパクサツ群馬 アシストパートナー就任記念特別企画

ザスパと私 第1話 (全3話)

『Jリーグに挫折して温泉で働きながら返り咲きを目指すサッカー選手たちと、就職活動に挫折して公認会計士試験にはまり込んだ京大生』

 

「なぜ、ザスパクサツ群馬を応援しているのですか?出身が群馬なのですか?」

そのような質問をよく受けます。私は奈良県の出身で、群馬とは何の縁もゆかりもありません。

しかし、ザスパがなければ、今の私がないこともまた事実なのです。

今回は、私とザスパの出会いについて書いてみたいと思います。

 

私は大学5年生で就職活動をして、とある企業に内定を得ていました。

しかし、就職活動を通して、「自分はサラリーマンとして生きていくには限界がある」という違和感を抱いていました。

周囲の大学生は、いかにもコミュニケーション能力に長け、それに比べて自分自身の協調性のなさが露呈して、ほとほと嫌になってしまいました。

 

「やはり、自分は組織に頼らず、手に職をつけて自力で生きていこう」

 

そんな思いから、内定を辞退して公認会計士になることに決め、大学卒業後に会計士試験の勉強を始めました。

公認会計士を選択したのは、以下の理由からです。

  1. 会計監査を通していろいろな会社を回り、ビジネスや会社のしくみを勉強できそうなこと
  2. 会計士試験に合格さえすれば、監査法人という大規模な会計事務所に自動的に採用され、厳しい就職活動もないこと
  3. 腐っても京都大学に合格したのだから、試験勉強なら余裕だろう。

 

しかし、現実はそれほど甘くありませんでした。

会計士試験の勉強量は膨大で、何より簿記や原価計算といった「頭で考えるな!体で覚えろ!」タイプの試験科目が中心で、私は、「鈍くさいけど、理論的にじっくり考えることが得意」なタイプの人間なので気が滅入りました。

自分はとんでもない道に踏み込んだのかもしれない。

このまま永遠に合格できず、この社会の底辺に沈んでいくのでは。。。

不安の中で、会計士試験予備校の自習室に閉じこもり、毎日朝から晩まで勉強漬けの毎日でした。

 

そんなある日、テレビのスポーツドキュメンタリー番組(『ZONE(現 バース・デイ)』)を見ていると、あるサッカーチームが取り上げられていました。

 

それが、ザスパ草津(現 ザスパクサツ群馬)だったのです!

 

草津にJリーグのクラブチームを持つ。

温泉街としては有名でも、草津の町自体は小さな町です。

大企業の支援があるわけでもない、小さな町のクラブチームがJリーグに昇格することなど、はっきり言って、荒唐無稽な夢物語だったはずです。

しかし、ザスパは、Jリーグを戦力外となった選手をかき集め、選手は温泉宿で働きながらJFL(Jリーグの下部組織で、JFLで上位になればJリーグに昇格できる)を戦います。

「自分たちを見限ったJリーグにもう一度返り咲く、自分のためにも、拾ってくれた地域のためにも」という思いを胸に。

なかでも、特筆すべきが元日本代表ゴールキーパーの小島選手です。

日本代表まで昇りつめた選手が、もう一度Jリーグのピッチに立とうと、自分でパンツを洗濯しながら、ボコボコのグラウンドで傷だらけになって奮闘している。

日本代表にまで昇りつめたのなら、その威光に胡坐をかいて、どこかのクラブでコーチでもやっていればいいのに、ゴールキーパーとしてピッチに立つことに拘る。

 

「このおっさん、アホやなあ。しかし、かっこええ。」

 

そんな「負け犬の寄せ集め」であるザスパが、JFLで年間3位に入り、なんと、本当にJリーグ(当時J2)に昇格してしまうのです。

その年の天皇賞で、J1王者の横浜Fマリノスを撃破するという別の奇跡を引き連れて。

今では、JリーグもJ1からJ3までの3ステージがあり、全部で55クラブまで増加しています。

毎年のように、Jリーグを戦力外になった選手をかき集めた「おらが町クラブ」が、JFLからJリーグに昇格しています。

しかし、それを最初にやってのけたフロンティアは、ザスパなのです。

 

「そう、強く思い続ければ、夢は叶う。」

「誰が何と言おうと、やりたいことはやりたいと言い続ける、将来はそんな大人気のないアホなおっさんになろう。」

 

その翌年、私は会計士試験に合格して監査法人に就職した。