Pocket

事業承継では、会社や事業の実態を把握することが不可欠です。

また、通常の人事関連の相談でも、経営実態を踏まえた定量的な提案ができれば、顧問先の信頼は高まります。

会社の実態を把握するためには、決算書が一番効果的かつ効率的です。

しかし、一般には、会計や決算書はとっつきにくいイメージがあり、敬遠されている方が多いのも事実です。

この原因は、会計の講師が「正確に」「理論的に」説明することにこだわるからです。

会計専門家でない限り、しくみはわからなくても、使えればいいのです。

家電のエンジニアでなければ、電子レンジのしくみがわからなくても、使えればいいのと同じです。

今回の講座では、実際の決算書を読みながら、難しい理屈は後回しにして、2時間後で以下のことを目指します。

・会計とはどういうものか、なんとなく理解できる
・決算書に何が書いてあるのか理解できる。
・決算書を読むことで、会社の実態を把握できそうな気がする

一方的な講義ではなく、みんなで決算書を読みながら、双方向で進めます。

「減価償却ってなにですか?」
「支払利息の利率ってどれくらいなんですか?」

わからないことはなんでも、その場で質問してその場で解決してしまいましょう!

2時間後には、新しい世界が開けているはずです。

《社労士事業承継研究会の設立理念》

社会保険労務士のみなさん
このような顧問先はありませんか?

・経営者と後継者の仲が悪い
・経営者が高齢化している
・後継者が頼りない
・後継者がいない
・廃業が相次いでいる
・会社を売却・買収することになった

「事業承継」が大きな社会問題となり、公認会計士、税理士、中小企業診断などの士業では事業承継支援が大きな「ブーム」になっています。

一方で、「事業承継」に取り組んでいる社会保険労務士はそれほど多くありません。

しかし、社会保険労務士だからこそできる事業承継支援があるのです!

事業承継支援により、顧問先は無用な廃業を回避することができます。
いくら「ヒトを大切にする経営」といったところで、会社が無くなってしまえば、従業員は路頭に迷います。

社労士のみなさんは、「手続業務の電子化」が進んでも、今の収入を維持できる自信はありますか?
「事業承継のコンサルティング」をサービスメニューに加えることで、新たな収益源を確保できます。

事業承継支援は、会社、従業員、社労士、そして社会全体にとっても、非常に有益で、WIN-WIN-WINなサービスです。

事業承継研究会では、事業承継やM&A(後継者がいない場合)のノウハウを共有することを目的とします。
単なる「お勉強」ではなく、「メシのタネ」になる実践的な内容にしたいと思います。
年9回程度の定期的な開催を予定しており、東京都社会保険労務士会の自主研究グループに登録手続き中です。

《研究会について》
【開催日】基本的には、第1木曜日。7月、12月、3月はお休み。第1木曜日が休日や正月の場合には、第2木曜日。
4/4 5/9 6/6 8/1 9/5 10/3 11/7 1/9 2/6

【時間】18:30~

【場所】麹町区民館など。

【料金】年会費 10,000円 スポット1回 3,000円

【内容】貝井の講師のほかに、みなさまからのケーススタディ(体系化されていなくとも、こういう会社があるんですけど、どうしたらいいですかねー、といった内容で可)や講義、また外部講師(たとえば、公的機関の事業承継担当者など)の招集を予定。

《第5回 事業承継研究会》

【場所】
麹町区民館 洋室A
住所:〒102-0083 麹町2-8

・東京メトロ半蔵門線半蔵門駅から徒歩5分
・東京メトロ有楽町線麹町駅から徒歩5分

【時間】
2019年 6月6日(木) 18:30~20:30

【内容(予定)】
18:30~20:30
主催者 貝井 講演
『会計専門家ではない士業のための 2時間でざっくり決算書が読めるようになる演習』

終了後は、懇親会(コラボビジネス立ち上げに向けたミーティング)を開催(希望者のみ。別途実費)。

【参加費】
年会費 10,000円(年9回の研究会に出席し放題)
スポット参加のばあいは、1回あたり3,000円

【 申込 】
facebookイベントページの「参加する」ボタンをクリックするだけ!
または、貝井経営会計事務所 貝井まで
メール:kaii@kaii1.jp   電話:03-6256-8813

【主催者プロフィール】
貝井 英則 (かいい ひでのり)
事業承継の窓口Ⓡ 貝井経営会計事務所 代表
㈱M&Aの窓口取締役

社会保険労務士・公認会計士・税理士・中小企業診断士・証券アナリスト・システム監査技術者・宅建士

東京都社会保険労務士会 経営労務監査・労働条件審査特別委員会 委員
公認会計士協会 東京会 経営委員会 委員

大学時代は、労働法と心理学を専攻し臨床心理士(カウンセラー)を目指すが、なぜか公認会計士・税理士になった異色の経歴を持つ。
独立後は事業承継支援を専門とし、後継者がいない中小企業のM&Aにも注力。事業承継やM&Aのセミナー実績多数。
30年後も続く会社の「しくみ」と「ひと」をつくる、がモットー。